【相模原市 相模大野駅から徒歩4分】

あなたのツボを外しません!

業界歴18年 延べ1万人以上施術経験のある津崎かななです。

 

私が出張で行っている70代の女性のお話です。

 

最近、なんにもやる気が起きないし、このままぼけるんじゃないかと思うぐらい、どこにも行きたくないし。

寝ても寝ても、なんだか寝た気がしないし、ごはんを食べたらすぐ眠くなってソファーでうとうとしてて。

肩も凝るは、腰も痛いし、ひざも痛いし、年をとるってやーねー。

 

でもね、あなたに身体をほぐしてもらったり、

鍼やお灸をしてもらえると、身体が軽くなって、本当に受けてよかったと思うのよね。それに、やってもらった日は、ぐっすり眠れるのよね。普段の睡眠とは、違うのよ。

 

やってもらうのが楽しみよ。

 

ごはんを食べて眠くなるのは、東洋医学的からみると『脾虚』という状態。こういう方、多いと思います。簡単に言ってしまえば、消化器が弱っていますよ~ってこと。

胃腸を整える施術は、欠かせません。

そして、年を重ねると筋肉の柔軟性が失われ、姿勢が崩れるので肩こりが強く感じる方も多いです。肩や背中をほぐすことで、身体の緊張がとれて、リラックスしやすくなるので、必然と眠りも深くなっていきます。

また身体が緊張すると細胞に必要な栄養素が届かなかったり、不要なものを除去できなかったりすることで、代謝がうまくいかず、精神的に影響を及ぼすことがあります。

 

鍼灸やもみほぐし、リンパケア、ストレッチ、カッピング、足裏もみ、どれも身体の緊張をとる効果があり、よりよい睡眠の期待が出来ますし、精神的緊張も緩和しやすくなりますよ。

 

こんなことでお悩みではないですか?

 

シンプルに考えてみると健康って

『おいしくご飯が食べられる!』『ぐっすり眠れる!』『すっきり便や尿が出る!』

ということだと思います。

    この3つが最低、出来ていれば基本的には健康だと言えます。 この中の1つが狂ってしまうと、身体は間違いなく不調だし、心にだって影響を及ぼします。 クーネルダース治療室は人間の基本的な生理現象の不調を取り戻すお手伝いをしていきます。